2003年度 寒仕込み味噌レポート

<第2部>

三倍米麹味噌+麦味噌第一回「天地返し」。

節分に仕込んだかわいい御味噌たち。

日中の平均気温が15-16℃になってきたら、一度空気にふれさせてやりましょう。

↑米麹          ↑麦麹

1・ひゃあああぁあ!

かめの縁にカビが!でも、このくらいはフツーなので、大丈夫ですよ。去年に比べると少ないくらいで、ホッとしたくらいです。

すでに味噌らしい甘くていい香りがしています。

 

2・焼酎を霧吹きしたしゃもじで、

カビ+周りの味噌を取り除きます。

 →→ 

3・なんとなーくカビが…。表面も念のため、

薄皮を剥がすくらいな感じでどけておきました。

 ←←

4・かめの内側を、焼酎ふきんで拭き、

しゃもじで全体に空気が行き渡るように

良くかきまぜます。

 →→ 

5・何事もなかったように、平和な風景。つまみぐいしたら「うーん、確かに味噌っぽい。」塩気がまだキンキンした感じ。解禁日への期待がふくらみますね。

 ←←

6・焼酎霧吹き+ラップ

重石の塩+蓋+紙の覆いをして作業終了。

 →→ 

麦麹はもう少しで食べられます。米麹は7-8月にまた天地返しをして11月頃には食べられます

2003/5/26

つづく

<第1部>

<第2部>

<第3部>

<TOP>